8月3日は「司法書士の日」 高校生の「一日司法書士」のご案内 [2016年07月08日]

広島司法書士会では、昨年度及び一昨年度に引き続き、「司法書士の日」の記念事業として平成28年8月3日(水曜日)に、広島県内在住の高校生を対象に「一日司法書士」を実施いたします。
この事業は、高校生を「一日司法書士」に任命し、司法書士事務所や法務局、裁判所の見学を行い司法書士業務の模擬体験をしてもらうとともに、司法制度や登記制度に対する理解を深めてもらうために企画したものです。また、「一日司法書士」を通して、法や司法制度、これらの基礎となっている価値を理解し、法的なものの考え方を身に付ける機会としたいと考えています。

高校生の皆さんの参加を心からお待ちしております。

申込方法は→こちら


・日時
平成28年8月3日(水曜日) 午前9時から午後3時までを予定
・募集人数
6名程度(*応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
・応募締切
平成28年7月14日(木曜日)

<「司法書士の日」について>
明治5年(1872年)8月3日、太政官無号達で司法職務定制が定められ、「証書人・代書人・代言人」の3つの職能が誕生しました。証書人は現在の公証人、代書人は現在の司法書士、代言人は現在の弁護士にあたります。司法書士の前身である代書人が誕生したこの日を記念日として制定することにより、司法書士一人ひとりがその社会的使命と職能の重要性を再認識し、将来に向かって市民の皆様からの期待に応え続けていくことを確認すると共に、市民の皆様に対し、司法書士制度の社会的意義を周知する機会とします。

ページ上部の先頭に戻る

広島司法書士会

広島市中区上八丁堀6番69号
電 話(082)221−5345
FAX(082)223−4382
MAP