成年後見

私たちは契約社会に生きています。契約をするには、自分の行為の結果がどうなるか判断できる能力が必要です。判断能力が不十分な方が不利益を受けないための支援をするのが成年後見制度です。

司法書士による無料相談はこちら

成年後見制度について

どのような支援なのか?
支援者(成年後見人など)は、本人の希望を尊重し、生活全般や健康管理に配慮して、 財産管理などのための最も良い方法を選んで支援します。
任意後見制度とは?
あなたが元気な内に、将来のことを考えてあらかじめ後見人になる人を決めて契約をしておく方法です。
法定後見制度とは?
あなたの判断能力が不十分なときに、家庭裁判所に成年後見人等を選任して貰う方法です。 能力の程度に応じて、補助・保佐・後見の3類型があります。
相談内容例
  • 使うはずもない高額の健康器具を買ってしまった…。
  • 高齢者施設との契約・入居費用の支払いを代わりにしてもらいたい。
  • 高齢者施設に入るので、経営しているアパートの管理をお願いしたい。
  • 両親が死亡した後、知的障害がある子供の将来が心配。
財産を残す方法や施設への入所手続きの方法を教えて欲しい。
  • 痴呆の父の不動産を売却して入院費にあてたいのだが…。
  • 寝たきりの母の財産管理をしているが、兄弟に疑われているので困っている。
どこに相談すればいいの?
成年後見制度は公証人役場や家庭裁判所での手続きが必要です。直接家庭裁判所に相談することもできますが、他にも相談できる窓口はあります。司法書士会では成年後見センター【リーガルサポート】を設立しました。社会福祉士会では「ぱーとなー」、広島弁護士会では「あんしん」を窓口にしています。各地の社会福祉協議会でも問い合わせることができます。
成年後見センター・リーガルサポート

ページ上部の先頭に戻る

広島司法書士会

広島市中区上八丁堀6番69号
電 話(082)221−5345
FAX(082)223−4382
MAP